美容で代表的なコラーゲン|関節の痛みにも効果が高い

うるおい不足を感じてる人へ

シミの改善

女の人

コラーゲンには、シミを改善したり、ニキビを改善したり、しわやたるみを改善する効果があります。また、白髪の改善や抜け毛予防、美しく艶やかな髪へ導いてくれるなどの効果もあります。ビタミンCと一緒に摂取すると、より効果的です。

役割を知って上手に摂取

コラーゲン

コラーゲンは、30種類以上に分類されますが、主なものは、1型から5型までの5種類です。化粧品やサプリに使用されるものは、ほとんどが1型で、魚の皮や骨、ウロコから抽出された水溶性のコラーゲンとなります。

若々しく健康な体の為に

ウーマン

コラーゲンは年齢を重ねるにつれて、体内での含有量が減ってきてしまいます。そのため、若々しさや、健康的な体づくりにコラーゲンは欠かせないものでもあります。牛すじや鶏皮などの食品に多く含まれるので、積極的に摂取するとよいでしょう。もし食品で撮るのが難しければ、サプリやドリンクなどを利用するのも賢い方法も言えます。

関節の健康維持に

コラーゲン

正しい軟骨ケアのために

美容成分として人気の高いコラーゲンには20種類近くの型があり、目的別に正しい型のコラーゲンを使うことが大切です。たとえば、年を取ることで関節が痛むことも少なくありませんが、これは関節の軟骨が擦り減り、炎症を起こすことが原因になっています。この場合、関節部分の軟骨に含まれるコラーゲンがII型であることから、関節のケアにはII型のコラーゲンが欠かせません。ラットを使った研究では、関節炎のある複数のグループにI型やII型のコラーゲンを投与したところ、I型では何も投与しなかったグループと同等の発症が見られました。それに対してII型を投与したグループでは、関節炎の進行が顕著に抑えられた結果が出ています。そのことから、II型のコラーゲンには関節炎を抑制する効果があるとされ、大きな期待が寄せられているのです。II型は軟骨の基礎となるコラーゲンの修復にも不可欠であり、通常の関節痛はもとより、クリニックなどではリウマチの治療にも用いられています。一方、I型は皮膚や骨などに多く含まれており、美容目的で使用されるのは、殆どがこの種類のコラーゲンです。また、III型は皮膚や血管などに多く存在しますが、それらの型は軟骨のコラーゲンに使われることはありません。もしも毎日美容用のコラーゲンを摂取している場合でも、肝心のII型が不足していれば軟骨の破壊も進み、関節炎を招いてしまいます。ですから関節の健康維持を目的とするなら、必ずII型を配合する製品を選びましょう。